大字名の由来

忍海酪農の発祥地である西辻は、地内の中央を縦貫する高野街道(現:旧県道御所香芝線)の要所の辻の西側に集落が形成されたところから、地名になったと思われます。このことは「西ノ辻」という小字名があることや、集落の西端と接する大字林堂領の小字名が「辻ノ西口」となっていることからもわかります。
中世には、大和国を中心に村落全体を濠(堀)で囲んだ集落である環濠集落が造られましたが、西辻もその一つで、集落の北から西にかけての濠(現在は池になっています)が名残をとどめています。