大字名の由来

新町という字が示しているように、町(むかしは村)として独立したのは比較的新しく、江戸時代の終わりごろです。独立する前は南花内村に属していました。どのような理由で南花内村から分離独立したのか明らかではありませんが、一説には農村的な南花内村と、大和郡山の筒井から高田・御所を経て三在に至る「下道」(下街道)筋に街村的な発達をした新町村との間に違いが発生したことによるものと考えられています。
新町は村として独立したのが比較的新しいため、村中には寺院はありませんが、神社は天香山命を祭神とする笛吹若宮神社が鎮座しています。