新村は「しんむら」が転訛して「しむら」と呼ばれるようになったものと思われますが、いつごろからかは定かではありません。
明治8年、柳原村・出屋敷村・今城村・新村の4か村が合併して柳原村となり、明治22年の町村制実に伴って忍海郡忍海村が新しく発足し、柳原村は大字として存在することになりました。昭和31年北葛城郡新庄町と南葛城郡忍海村が合併して新庄町となり、翌32年、大字柳原は柳原・出屋敷・今城・新村の新しい大字が設定され、その後、新村を除く柳原・今城・出屋敷の三大字が御所町(現:御所市)に編入され、今日に至っています。