大字名の由来

花内のいわれは、宮内庁所管の「飯豊天皇埴口丘陵(いいとよてんのうはにくちのおかのみささぎ)」(前方後円墳)の「埴口」が、「花口」さらに「花内」に転訛したものと考えられています。「花口」と記されているのは、「続日本紀」に、葛下郡の花口宮麻呂が私稲を投じて貧しい人たちを救ったとあり、「花内」と記されているのは、「金峯山免田田数注進状」にあります。
北花内と南花内の境界は、藤原京に都があったころ、葛下郡と葛上郡の間に新しく設けられた忍海郡との境界でもあります。