西室は市役所新庄庁舎がある柿本の北に位置しています。西室の東側を北流する高田川を隔てた東に東室があり、西は北道穂と接しています。 

大字名の由来

正確な年代はわかりませんが、室町時代に書かれた史料には「ムロ」の注記が見えます。このことから、武士の世の中であった室町時代において、「ムロ」と呼ばれる地名が存在していたことは確かなようです。

明治時代のはじめ、西室・東室・柿本の3カ村が合併して「信濃村」となりましたが、明治13年(1880) 頃には各旧村名にもどりました。「信濃」という小字名が西室と柿本にそれぞれ見えます。