大字名の由来

疋田の語源は低湿地を意味する泓田(ひきた)と考えられます。また、集落のほぼ中央に鎮座する調田坐一事尼古(つくだにますひとことねこ)神社の「調田」および「槻田(つきだ)神」の語が転訛して、「ひきだ」と言われるようになったものとも考えられます。

疋田が尺土駅に近いという交通の便利さもあって、高度経済成長時には工場や住宅団地が建設され、昭和五十二年に新庄北小学校・同附属幼稚園が開校・開園しました。

主な歴史遺産や名所

調田坐一事尼古神社
(一事尼古命・事代主命の二神を祭神としています。また、江戸時代には春日神社と呼ばれていました。)