中戸は、葛城山系東麓、葛城市のほぼ中央に位置し、中央部を主要地方道県道御所香芝線(山麓線)が斜めに横切っています。
また、火災や災害、救急時に対応する葛城市消防本部消防署があります。

大字名の由来

中戸の字が用いられるようになったのは江戸時代中ごろの「元禄郷帳」からで、それ以前の「寛永郷帳」では「中東」と記され、室町時代の「金峰山免田田数注
進状」には「ナカトウ」とあります。このように、中戸は中東から転訛したものであることがわかるものの、中東の語源については定かではありません。