近年、気温や湿度が高い日に、熱中症による救急搬送が多くなっています。中でも、高齢者の搬送が多い状況にあります。
屋外での作業や、スポーツを行う際には、体調管理に十分注意を払い、こまめな水分補給を心掛けましょう。
熱中症は、屋外にいるときや、スポーツを行なっているとき以外にも起こります。
屋内でも、室温や湿度が高いと発症する場合があります。閉めきった室内において、熱中症でお亡くなりになるケースが報道されています。節電のための空調機器の調節は、ご自身や周囲の方の体調を考慮した上で行うようにしてください。 

熱中症予防について

 熱中症は生命にかかわる病気ですが、予防法を知っていれば防ぐことができます。熱中症を防ぐために、以下の点に心掛けましょう。
 

1. 体調を整える

 睡眠不足や風邪などで体調の悪いときには、熱中症に陥りやすいので、日中の外出やスポーツは控えましょう。

2. こまめに水分補給

 人間は軽い脱水状態のときには、のどの渇きを感じません。「のどが渇いた」と感じたときは、もうすでにかなりの水分不足になっていることが多いものです。のどが渇いていなくても、定期的に少しずつ水分を補給しましょう。
汗とともに流れ出た塩分(ナトリウム)を補給するために、濃度0.1から0.2パーセント程度の塩水(1リットルの水に1から2g程度の食塩)、またはスポーツドリンクを飲むのがおすすめです。
また、高齢者は、脱水状態が続いても、のどが渇きにくくなっています。さらに、一度脱水状態に陥ると、回復しにくいことも報告されています。そのため高齢者の方は、特に注意して、こまめに水分を補給することを忘れないでください。

3. 服装を工夫する  

 汗を蒸発させやすい通気性に優れたものを着用し、外出時には、帽子や日傘を使用しましょう。

4. 室内でも注意が必要

 室内でも、熱中症は発症します。直射日光が室内に入らないように、すだれやカーテンを利用して、室内温度が上がらないように注意しましょう。またエアコン等を活用し、室内の温度・湿度のこまめな確認を行いましょう。

奈良県ホームページ、環境省ホームページ等に、より詳しい情報が提供されています。参考にしてください。