現在コロナで自宅待機等でお困りの方へ

更新日:2022年09月09日

濃厚接触者の方へ

「濃厚接触者」とは、陽性者の感染可能期間内(有症状の場合は発症日の2日前から、無症状の場合は検査を実施した日の2日前から、診断後に隔離などをされるまでの期間)に、次の1~4のいずれかに該当する者をいいます。

  1. 陽性者と同居あるいは長時間の接触(車内等を含む)があった者
  2. 適切な感染防護(マスク等)なしに陽性者を診察、看護もしくは介護していた者
  3. 陽性者の気道分泌液もしくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い者
  4. その他:手の触れることのできる距離(目安として1メートル)で、必要な感染予防策なしで、陽性者と15分以上の接触があった者(周辺の環境や接触の状況等個々の状況から陽性者の感染性を総合的に判断する)。

(国立感染症研究所「積極的疫学調査実施要領」より抜粋)

濃厚接触者の健康観察期間等について

陽性者と最後に接触した日の翌日から数えて5日間(6日目に、自宅待機解除)(令和4年7月22日から適用)

1.家族等全ての同居している方の自宅待機期間

陽性者の発症日(無症状の場合は検体採取日)を0日目として5日間(6日目解除)(令和4年年7月22日から適用)
または、住居内で感染対策※を講じていなかった場合は講じた日を0日目として5日間(6日目解除)
※感染対策: マスクの着用、手洗い、手指消毒の実施、物資等の供用を避ける、消毒等の実施など 
※他の同居家族が発症した場合、無症状の陽性者が発症した場合は、新たにその発症日が起点となります

 

同居の方の自宅待機期間の基準

 

※自費検査として、薬事承認された抗原定性検査キットを使用し、2日目及び3日目で陰性を確認した場合は3日目から待機解除が可能です。(この場合における待機解除に関する保健所への確認は不要です)
なお、健康観察は7日間お願いします。
また、高齢や基礎疾患のある人(ハイリスク者)との接触や不特定多数の者が集まる飲食等も7日間控えてください

2.陽性者が同居家族以外の場合の自宅待機期間

陽性者の最終出勤日や登校日を0日目として5日間(6日目解除)

(例)陽性者との最終接触日(最終出勤日や登校日)が8月1日である場合
濃厚接触者の自宅待機期間は8月6日までとなり、症状がなければ8月7日から出勤や登校が可能となります。

 

 

濃厚接触者の自宅待機期間の基準

 


※自費検査として、薬事承認された抗原定性検査キットを使用し、2日目及び3日目で陰性を確認した場合は3日目から待機解除が可能です。(この場合における待機解除に関する保健所への確認は不要です)
なお、健康観察は7日間お願いします。
また、高齢や基礎疾患のある人(ハイリスク者)との接触や不特定多数の者が集まる飲食等も7日間控えてください

健康観察終了までの過ごし方

1.健康観察期間内に発症する可能性があるため、不要不急の外出はできる限り控えてください(通勤や通学もお控えください)。やむをえず外出する場合は、公共交通機関(不特定多数が利用する電車、バス、タクシーなど)はできるだけ使用しないでください。その際は、マスクの着用と手指衛生などの感染予防策を必ず行ってください。

2.健康状態を毎日ご確認ください。

  • 体温測定を行い、発熱の有無を確認してください。
  • 激しい咳や呼吸が苦しくなるなどの症状の有無を確認してください。

3.咳や発熱などの症状が出たら(発熱等の症状がある方へをご覧ください)

  • マスクを着用して他者に感染させないように注意してください。
  • 医療機関へ電話連絡し、濃厚接触者であり自宅待機をしていることを伝え、医療機関の指示に従って受診してください。
  • 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)、高熱がある場合、または高齢者や基礎疾患のある方、妊娠中の方は、その旨を伝え受診してください。

新型コロナウイルス感染症の陽性と診断された場合、奈良県の案内に沿って下記画像の対応をいただく必要があります。

陽性と診断された場合の流れ

第31回 奈良県新型コロナウイルス感染症対策本部会議 一部抜粋

陽性となった方以外のご家族(同居人)の対応について

同居している家族等は基本的に濃厚接触者に該当しますので、ご自身で健康観察と外出の自粛をお願いします。家庭内では可能な限り隔離をし、お互いにマスクを装着するなどの感染予防を行ってください。

※図表はあくまでも基準です。判断に迷う場合は保健所へご相談ください。

無症状の場合

同居している家族等の濃厚接触者の健康観察期間の基準

発熱等の症状がある場合

発熱等の症状のある方は、まず、 身近な医療機関に電話相談してください。身近な医療機関がない方は、「新型コロナ・発熱患者受診相談窓口」に電話相談してください。また、PCR検査については、発熱外来認定医療機関(独自の判断でPCR検査や抗原検査を取り扱うことが可能な医療機関)にて検査が可能です。

新型コロナウイルス感染症の陽性者と診断された場合、その後の過ごし方については保健所から連絡(入院・宿泊施設・自宅療養等)がきます。

その後、保健所等から陽性者の状態に合わせた医療的支援を受けることができます。(下記画像を参照)

この記事に関するお問い合わせ先

保健福祉部 新型コロナウイルス対策室
奈良県葛城市北花内341番地
電話番号:0745-44-8107
ファクス番号:0745-69-9905
メールフォームによるお問い合わせ