その他の事項について

更新日:2022年03月18日

接種には本人の同意が必要です

新型コロナウイルスワクチン接種は、強制ではありません。
予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただきます。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。

接種を受けた後に副反応が起きた場合の健康被害救済制度

一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障がいが残ったりすること)が、極めて稀ではあるものの避けることができないことから、救済制度が設けられています。

救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障がいが残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)を受けることができます。

詐欺にご注意を

「新型コロナウイルスワクチン接種に必要です」と言って、金銭や個人情報を騙しとろうとする電話に関する相談が、消費生活センターに寄せられています。
葛城市からワクチン接種のために、金銭や個人情報を電話、メールで求めることはありません。

新型コロナワクチンに関する厚生労働省の電話相談窓口

(厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター)
電話番号:0120-761770(フリーダイヤル)
受付時間:9時00分~21時00分(土日・祝日も実施)

その他関連リンク

新型コロナウイルスワクチンの詳細については、首相官邸ホームページおよび厚生労働省ホームページをご確認ください。

首相官邸ホームページ

厚生労働省ホームページ

この記事に関するお問い合わせ先

保健福祉部 新型コロナウイルス対策室
奈良県葛城市北花内341番地
電話番号:0745-44-8107
ファクス番号:0745-69-9905
メールフォームによるお問い合わせ