接種証明書(ワクチンパスポート)の発行について【新型コロナワクチン接種】

更新日:2021年07月26日

海外の渡航先への入国時に、相手国等が防疫措置の緩和等を判断する上で活用されるよう、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種の事実を公的に証明する接種証明書を交付します。

2021年7月26日(月曜日)から海外渡航の予定がある方を対象に申請の受付を開始します。

なお、この接種証明書は、海外渡航の際に必要な方へ交付するものです。
それ以外の方が接種の記録を必要とする場合は、接種時に発行される「接種済証」または「接種記録書」をご利用ください。

対象

市では、次の要件に全て当てはまる人を対象に発行します。

  • 葛城市が発行した接種券を利用して、新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種を受けた人
  • 日本から海外へ渡航する際、接種証明書を所持していることで、入国時検査や隔離の免除など相手国による防疫措置の緩和が受けられるといった理由から、この証明書を必要している人

次のような人は対象になりませんので、ご注意ください。

  • 葛城市の接種券を利用していない人
  • 海外渡航時の利用が目的ではない人
  • 国外等で接種を受けた人(日本の予防接種法に基づかない接種を受けた人)

外務省による海外在留邦人の一時帰国者を対象とした事業で接種を受けた方への証明書については、外務省までお問い合わせください。

申請先

葛城市役所 市民窓口課(新庄庁舎のみ)

接種を受けた際のワクチンの接種券を発行した市町村が申請先となりますので、葛城市で交付を受けられるのは葛城市が接種券を発行した方に限ります。

1回目の接種後に他の市町村へ転居した方

1回目と2回目で別の市町村の接種券を使用して接種を受けた場合には、それぞれの市町村が申請先となります。
例)1回目を葛城市で受け、2回目を他の市町村で受けた場合は、1回目の分は葛城市に、2回目の分は接種を受けた市町村に申請してください。

申請に必要な書類

  • 接種証明書申請書(窓口にて配布)
  • 海外渡航時に有効な旅券(パスポート)
  • 接種済証または接種記録書
  • 本人確認書類の写し:住民票上の住所が記載されたもの

この記事に関するお問い合わせ先

保健福祉部 新型コロナウイルス対策室
奈良県葛城市北花内341番地
電話番号:0745-44-8107
ファクス番号:0745-69-9905

メールフォームによるお問い合わせ