歴史博物館 最新のお知らせ

更新日:2022年11月28日

葛城市歴史博物館
葛城の歴史、伝統、文化

【重要】歴史博物館の利用についてのお知らせ

ご来館の皆様におかれましては、引き続き感染拡大防止のためご協力くださいますよう、よろしくお願い申しあげます。

講座の人数制限を緩和しました

感染拡大防止対策を講じたうえで、歴史講座「葛城学へのいざない」の人数制限を緩和しました(90名から200名へ増枠)。

みなさま、ぜひ積極的にご参加ください。

(注意)当日受付はございません。必ず事前申込みをお願いいたします。

12月の歴史講座「葛城学へのいざない」

下記のとおり、歴史講座を開催いたします。
 参加をご希望の方は、受付開始日以降に、必ずお申し込みください。
(注意)事前申込みのない方の、当日参加はできません。

申込み受付開始日
2022年11月28日(月曜日)午前9時から(電話・メールとも)
電話:0745(64)1414

「古代における葛城山への信仰」
日時:2022年12月10日(土曜日)午後2時から
講師:神庭滋(当館課長補佐)

定員:200名
会場:歴史博物館2階「あかねホール」
入場:無料

備考:新型コロナウィルス感染拡大防止のための措置に、ご協力ください。
状況によっては、講演会の開催を中止する場合がございます。あらかじめご了承ください。

附属施設の新型コロナウイルスへの対応について

【会議室】感染防止対策を十分におこなったうえで利用可

【あかねホール】感染防止対策を十分におこなったうえで利用可

(感染防止対策とは、マスク着用検温手指等消毒換気をいいます。)

※令和3年11月より「あかねホール」は、次の用途での使用をお断りしています。

・カラオケ、バンド演奏など、スピーカーを用いて大音量を発する催事。

・展示室観覧者の平穏を妨げるおそれのある催事。

【児童図書室(プレイルーム)】使用停止

 不明な点がありましたら、歴史博物館までお問い合わせください。(電話番号:0745-64-1414)

當麻寺仁王像の修理について

報道等でも取り上げられてきました當麻寺の仁王像について、令和3年度より5カ年計画で修理しております。

當麻寺の仁王像は、市指定文化財であることから、葛城市はこの修理事業に対し、補助をおこなってまいります。

令和3年度は、阿形(あぎょう)像のなかにある、蜂の巣の除去をおこないました。

令和4年から令和7年度にかけては、阿形像、吽形(うんぎょう)像の解体修理を順次おこなっていく予定です。

『竹内街道歴史読本』を刊行しました

竹内街道歴史読本の表紙

古代から江戸時代まで、竹内街道の歴史を1冊にまとめて紹介します。

周辺地図や、詳細地図も掲載しています。

竹内街道散策のおともに、ぜひお買い求めください。

頒価300円(A5版、本文40頁)

【屋敷山古墳 長持形石棺】の奈良県有形文化財指定について

屋敷山古墳の長持形石棺

屋敷山古墳の長持形石棺が、令和3年3月12日付けで、奈良県の有形文化財に指定されました。

葛城市内において最大の前方後円墳である古墳の石棺は、まさしく「王者の棺(ひつぎ)」と呼べます。

歴史博物館常設展示室で展示中です。ぜひご覧ください。

気象警報発令時の対応について

歴史博物館では、各行事の開催について、午前11時段階において、【奈良県全域】【奈良県北部】【奈良県北西部】【葛城市】のいずれかに対し、気象警報が発令中、あるいは発令された場合、安全確保のため行事の開催を中止いたします。

 各行事への参加申込みをされたお客様におかれましては、気象情報にご注意くださいますようお願い申し上げます。
 なお、ご不明な点がございましたら、歴史博物館までお問い合わせください。
電話番号:0745-64-1414

おすすめの記事

井真成の故郷についてもう一つの考え方

この記事に関するお問い合わせ先

歴史博物館
奈良県葛城市忍海250番地1
電話番号:0745-64-1414
ファクス番号:0745-62-1661

メールフォームによるお問い合わせ